国民に優しい国「フィンランド」

旅行記 comments(0) - なないろーにじいろーこども
フィンランドの冬の寒さは、とても厳しいけれど、
寒さの中で暮らす知恵が息づいている
とても素敵な温かいお国柄を感じました。

税金が高くて、びっくり!!
(消費税は、品目によって変わりますが、お土産は24%。。。)
ですが、税金の使い方が、
国民にとても優しいのです。
医療費無料。
大学まで学費は、無料。
ベビーカーを押している人は、
公共のバス・電車は無料で乗車できるとのことで、
ベビーカーの方のスペースも広くとっていて
子育てしやすい環境となっていました。
学用品も、鉛筆やノートが支給
あるようでした。

スウェーデン時代もあり、
ソ連時代もあり、
歴史背景は複雑だったフィンランド。

暗く・寒い道のりでも、
アパートや戸建の家も
街頭からみる家の窓は、
ライトがおしゃれにディスプレイされていて、
道を歩く私たちを
楽しませてくれます。

自分だけではなく、
他の方への気遣いが感じられる
おしゃれな演出に、
心が温かくなりました。

つづく

 
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM