学校の校庭の水道水

子どもからの気づき comments(0) - なないろーにじいろーこども
おととい、小学校6年生の息子が
「お母さん、学校の外の水がなんでおいしくないか、
わかった!!」と話し始めました。

野球をしているので、週に4回は、
校庭で部活があり、水を飲む機会も
多くあります。

話はこう続きました。
「みんなバカ野郎!!とか、
いやな言葉をたくさん話しているから、
前に水の実験をしたときに、
嫌な言葉で話しかけた水は、へんな匂いがして
おいしくなかったでしょう、だからだよ」
「みんなでありがとう、とか優しく話しかけると
水もおいしくなるかも」

息子から、とても大切なことを
教えてもらった日でした。

愛をこめて





 
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM