忙しいときに限って、「発熱」

日常のこと comments(0) - なないろーにじいろーこども

子どもは、病気やけがをしながら成長します。

突然の発熱、「えっ!!こんな日に限って?」と思う経験をした方も

たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

 

仕事を持ち、いざというときのサポーターがいない方はなおさらのこと。

以前保育所に勤めている時も、こういったことはたくさんありました。

学校の教員として働いているお母さん、運動会や学習発表会、修学旅行・・・

学校の行事で忙しい時期に限って体調を崩します。

お母さんも子どももとっても気の毒でした。

 

子どもは、寂しくて体調を崩しているのだろうか?

お母さんが頑張っているから自分も頑張らなくては!!と思って頑張りすぎるのかな?

頑張りすぎだから、休めのサイン?

などといろいろ想像していました。

きっと忙しいのと発熱は、何らかの関係はあると思うのですが、

あまり深刻にならないことを先輩ママとしてお勧めいたします。

 

子どもを出産し、自分が母になってからの経験を振り返り、

1番ハラハラしたことは

(ちょうど3年前のことですっかり忘れていました(‘’)ゞが)

 

東京へ1日ワークショップがあり、

前日に出発し翌日ワークショップを受け、12日で最終の飛行機で沖縄へ戻る、

という日がありました。

ワークショップ中のお昼休憩の時に娘の小学校の担任の先生から連絡が!!

なんだか嫌な予感(;'∀') 

嫌な予感、的中↘

 

緊急事態の時は、一瞬にいろいろなことが起きます。

昼休み終了直前だったので、5分もかからずやったことは、

先生からの着信に気づき、電話応答

→ガーン。

どうしよう。

なんとかしなければ、

ここまでは担任の先生との電話でのやりとり。

電話を切った後、

まずはいつもおねがいしているKさん、仕事中だと知りながらも連絡。やはり応答なし。

次に親子でお世話になっている知り合いのMさんへ連絡し、相談すると、OK

 

結局、Mさんが学校へ迎えに行ってくださり、

元気そうだったので、自分も用事があるし、

と近くのスーパー「サンエー」で好きなお菓子をたくさん買ってもらい、

自宅へ戻り一人で好きなようにダラダラと過ごしていたそうで、

翌日はすっかり回復し、無事登校できました。

 

娘曰く、「好きなお菓子を好きなだけ買ってもらえると病気は治る」だそうです。

 

子育て中は、いろいろなことがありますね。

 これから体調を崩しやすい時期となります。

現在は、病気でも預かってくれる保育所があったり、病後保育を始めたところもありますが、

頑張りすぎず、お母さんが一番負担のない方法をみつけられるよう応援いたします。

 

子育てのこと、お子さんの成長や関わり方、等

ご相談をお受けいたします。

下記までご連絡ください。

info*lemurian-melody.com

(メール送信の際には、*を@に変えて送信して下さい)

 

メール返信1回で十分な際は無料でお受けいたします。

 

ご相談内容に応じてきめ細かく、より深い内容の際には。

セッション内容と料金をこちらから

ご返信いたします。

 

子育ては、子どもだけではなく、

自分自身の幼少時代やご家族との関係、

様々なことを含めたものになります。

一人で背負いすぎていませんか?

自分を認め、優しくいたわる時間を持ちましょう。

 

光をこめて

 

 

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM