絵本のご紹介

絵本 comments(0) - なないろーにじいろーこども

新型肺炎による

外出自粛が続いていますね。

皆さんは、どのように過ごしていますか?

 

おうち時間を過ごすヒントになることを願い、

私のおすすめの絵本をご紹介いたします。

 

おすすめの本はたくさんありますが、

今では本屋さんであまりみかけない

少し前に出版された本をご紹介いたします。

 

「だってだってのおばあさん」

佐野洋子著

 

年中さんから、小学校低学年くらいのお子さんに

おすすめいたします。

小学校の教科書にも掲載されているお話。

子どもも大好きで家でも何回も読み

小学校の読み聞かせでも読みました。

初版は1975年。

本屋さんに行くと

ついつい新しい作品に目がいきますが

良い絵本は時代を超えて楽しめることを

感じる本です。

 

今では本屋さんであまり見かけないというつながりで

もう1冊ご紹介いたします。

「とうさんかあさん」

ながのひでこ著

昨年も小学校の読み聞かせの時に

読んだ本です。

テンポよく進み、

ところどころユーモアもあって

人気の本でした。

 

楽しいおうち時間をお過ごしください。

 

 

マザーアースと行う子育てサポート*新しい活動ご紹介

子育てサポート comments(0) - なないろーにじいろーこども

 

マザー アースと行う子育てサポート

〜子育て中のお母さんをサポートいたします〜

子どもを授かり、出産・子育てと続く毎日

著しく変化する子育て時期は、

楽しみと共に不安や悩みが生じることもあります。

一人で抱え込まず、

自分に思いやりを持つ時間を

ご一緒に持ちましょう。

 

 

 

マザー アース、

地球に存在する多種多様な生命を愛で育む母なる地球、大地の母。

私たちを大きな愛と豊かさと慈しみをもって無条件の愛で育み、

地球で進化し、学ぶ機会をあたえてくださっている存在です。

マザーアースとつながり、

子育て中の方へのサポートをスタートいたします。

 

マザー アースと行う子育てサポート+ご案内

内容:

マザーアースへ意識を向け、今の状況へのメッセージを受け取り

サポートいたします。

現在の状況、発育や発達や関わり、等

具体的な子育て(遊びや生活習慣)についての不安や悩み、迷い、等と

スピリチュアルな視点を合わせサポートいたします。

 

料金:11,000/60

 

方法:お電話、またはインターネット通話《遠隔》

 

お申込・お問合せ:メール、またはウェブショップよりお申込ください。

          メール:info*lemurian-melody.com

          (メール送信の際には、*を@に変えて送信してください)

          レムリアン・メロディーウェブショップ

 

自己紹介:

スピリチュアル・アドヴァイザー:小幡直美(おばたなおみ)

経歴 宮城学院女子短期大学保育科卒

職歴  宮城県多賀城市認可保育園 保育士 延べ13

    ヒューマンアカデミー チャイルドマインダー講師

    沖縄県宜野湾市立長田幼稚園 臨時教諭

    多機能型通所支援事業所(児童発達支援)  嘱託勤務

    子育ちわらべ歌 嘱託勤務

資格 

保育士 幼稚園教諭2級 チャイルドマインダー

フラワーエッセンス 

PHIエッセンス》 

  プラクショナー

  HLT(ホリスティック・ライト・トリートメント)認定資格

  ベーシックティーチャー

《オーストラリアンブッシュ》 レベル2受講

アラスカン》        レベル1受講

 

メッセージ:

子どもは、たくさんの可能性を持ち誕生します。

子どもを授かり、出産し、子育てをすることは

喜びと共に、不安や悩み、迷いが生じることもあります。

子どもの個性、成長する力、魂の計画を尊重する子育てへ意識を向け

シンプルに、豊かに、子育てを楽しみましょう。

一人で日々子育てを頑張っているお母さんのお話を

聞かせてください。

 

ご連絡お待ちしております。

 

感謝

 

<休校の子どもたちへ嬉しい情報>小学館版学習まんが日本の歴史 無料公開

日常のこと comments(0) - なないろーにじいろーこども

休校で家にこもりがちな日が続いていますね。

 

そんな子たちへ嬉しいサービス提供の

情報があります。

 

小学館版学習まんが

少年少女日本の歴史

シリーズ全巻期間限定で

ウェブ公開しています。

 

うちでも早速読んでいます。

いつも図書館で借りて読んでいる本。

いつか購入したいと思いながら

なかなな揃えられずにいたので

とっても嬉しいです。

 

小学館さん、

ありがとうございます。

 

感謝をこめて

 

3月11日を明日に控え

日常のこと comments(0) - なないろーにじいろーこども

明日は3月11日。

東日本大震災から9年となります。

この時期になると、やはり

当時のことが思い出されます。

 

震災後手に取った本を改めて

読み返しました。

「目を凝らしましょう。

   見えない放射能に 。」

著者 うのさえこ

イラスト:いせひでこ

 

今、改めて読み返すと、

放射能だけではなく、

新型肺炎への対応や、

大きくなり、

自立へ向け1歩1歩親から離れ歩む子どもたちにも、

その他さまざまなことにあてはまるように

感じます。

 

目を凝らし、

耳を澄まし、

本当に大切なことに

意識を向ける。

 

子どもの成長にとって大切なこと、

 

子どもへどのような未来を創造したいかと

問いかける。

 

地球という自然に調和する世界、

生きとし生けるもの、

すべてが幸せな世界を望みます。

 

感謝をこめて

 

 

「宮沢賢治とスペイン風邪」 澤口たまみさん〜岩手の作家からの励まし〜

日常のこと comments(0) - なないろーにじいろーこども

岩手出身の私。

岩手を離れてから、

そして年齢を重ねるごとに

岩手の魅力に気づきます。

 

岩手の魅力の1つに

岩手の作家澤口たまみさんをご紹介いたします。

初めて知ったのは、

「わたしのあかちゃん」という絵本でした。

私が第1子妊娠中に

お世話になっていた病院が舞台の

出産と産後のお話で、

産後のお母さんへの温かいエールのように

感じ、出版されてからよく手に取っていた絵本です。

 

子どもが大きくなってからは

虫に関する絵本を手に取り愛読し

ワークショップへも参加したことがあります。

ワークショップでは、近所の公園へ出かけ、

実際にダンゴムシを手に取って

ダンゴムシのお腹に卵を抱えていることを

見せていただいたことがあります。

 

澤口さんのブログたまむし日記に

「宮沢賢治とスペイン風邪」

アップされていました。

 

2月にちょうど図書館から借りて

繰り返し読んでいた

宮沢賢治の作品

「水仙月の四日」と

絡めてあり、とても興味深く拝見いたしました。

 

新型肺炎が懸念されている今、

報道の視点(最新情報や医療的見解、国の対策)とは違った視点、

自然や時節、昔からの言い伝えを交えた内容に

大きな流れを感じどっしりとした気持ちになりました。

 

結びのことば

「ウイルスもまた、自然からうまれたものであるということだ」

この言葉が心に大きく響いています。

 

感謝をこめて

 

 

 

 

 

節分―絵本

絵本 comments(0) - なないろーにじいろーこども

2月3日は、節分。

 

 

鬼にまつわる絵本は

たくさんあります。

 

幼稚園の時に印象に残っている絵本は、

「泣いた赤鬼」

この本を思い出すと切ない気持ちになります。

 

今年の節分の日は

ちょうど小学校の読み聞かせの日です。

 

選書しているときに

ふと気になったのが

「島ひきおに」

 

人間と一緒に暮らしたいと思っている鬼と

鬼と暮らすなんてとんでもない、厄介払いする人間。

鬼が一人で寂しい気持ちも、

オニを恐れる人間の気持ちも

理解でき、

そんなに厄介払いしなくてもいいのに、

でも怖いものは怖いよね、

と切なくなりました。

どうやったらお互いうまく暮らせたのだろう?

と思いを巡らせいろいろなアイディアを

考えました。

 

そんなことを考えていると、

ふと、

自分の嫌な面、

子どもの気になる不得意な面も

同じなのだと思いました。

 

鬼=自分の中の嫌いな面、子どもの気になる面。

自分の嫌な面も、子どもの気になる面も、

そんなに厄介払いしなくても

お互いに程よい距離を保ちながら

歩み寄ることができるのでは

ないかと思いました。

 

自分にとって受け入れたくないことを

厄介払いするのではなく、

目をそらしたい、見たくない、いやだと感じている、

その感情を自分できちんと受け止め、

じっくりと向き合う、

自分らしさを大切にする、

お互いの気持ちを伝えあう、

自分の気持ちを押し付けない、

程よい距離を保ちながら

少しずつ距離を縮めることができたら

・・・。

 

毎年当たり前のように豆まきの時に唱える

「鬼は外、福は内」

今年は、なんて言いながら豆まきを

しようかな?

 

最近は鬼にまつわる楽しい絵本もあります。

オニのサラリーマン

オニじゃないよおにぎりだよ

 

節分の翌日は立春。

暦の上では春ですね。

 

感謝をこめて

 

 

 

 

 

にじいろお茶会*ご案内

- comments(0) - なないろーにじいろーこども

子どもをとりまくニュース、

気になることがたくさんあります。

 

先日は、私の住む仙台市内で

高校生による放火事件がありました。

 

事件を起こした高校生は、

どのような流れがあったのでしょうか?と

思いめぐらせています。

 

子どものストレスを少なくし、

子ども自身が自分を尊重し、お互い認め合う社会となることを

願っています。

 

同じような願いを持っている方と

おいしいお茶を飲みながらおしゃべりをし交流いたしましょう。

 

おしゃべりや笑いには、

不思議なエッセンスー魔法のような力があります。

 

楽しい時間をご一緒に創造いたしましょう。

 

にじいろお茶会*ご案内

 

テーマ:「すべての子ども」について

     今、感じていること・気になっていること

     子どもーこれから生まれてくる子ども

         赤ちゃん、

         幼児、

         小学生、

         中学生、

         高校生

     受胎前から18歳までの子どもについて

     ざっくばらんにおしゃべりしましょう。

 

日 時:202022日 16時スタート

会 場:仙台市内カフェ

    (お申込みの方へ詳細地図をお送りいたします)

会 費:3,000

    (飲食代は、各自ご負担ください)

 

お申込み・お問合せ:

    info*lemurian-melody.com

        (メール送信の際には*を@に変えて送信してください)

 

未来を担う大切な子どもたち。

子どもについて思いを巡らせると、

現在の社会の在り方や集団について、家族のこと、

世の中の考え方、あり方、等とつながりを感じます。

現在の子どもの状況を皆さんでおしゃべりし、

子どもの世界へ光のシャワーを送りましょう。

 

私自身、子どもの成長と共に、子育ての難しさを感じています。

自分の子どもの子育ては、客観性にかけ、絡みあうこともしばしば。

ご一緒する方の刺激をいただき、

これからもどんどん広がりをもち子どもの未来へ光を送りたいと願っています。

保育士、幼稚園教諭、療育グループ、チャイルドマインダー講師、2児の子育て、

そしてスピリチュアルな視点を交え、皆さんと交流することでさらに広がりを持ち、

子どもたちの未来へつながるよう広がりを持ちたいと思っています。

 

皆さんのご参加、お待ちしております。

風邪・インフルエンザ・冬の病気を予防する

子育て・自分育て comments(0) - なないろーにじいろーこども

風邪やインフルエンザが流行する季節ですね。

皆さんは、何か風邪予防していますか?

 

先月、久しぶりに風邪をひき、

鼻水と咳がしばらく続きました。

2週連続で東京で開催のワークショップへ

参加し無理したことが影響しているように

感じています。

 

風邪予防、皆さんそれぞれ

自分なりの方法があるようです。

外出先でもマスクしている方も

たくさんいますね。

 

私は、あまり変わったことはしていないのですが

とにかく

「睡眠時間をたっぷりとる」

「冷やさない、温かくする」

「無理をしない」

「食べ過ぎない」

「こまめな水分補給」

 

子どもが小さいころは、

用事が重なり忙しくしていると

体調が崩れてくるので

体調不良の兆しがみえたら、

1度約束をリセットし

家でゴロゴロ・ダラダラと過ごし、

子どものリズム優先で過ごしていました。

 

子どもは体調が崩れてくると

機嫌も悪くぐずりがちになり

いつも以上に手がかかるようになるので

できるだけ病気は避けたいものです。

病院へ連れて行くのも一苦労ですよね。

 

おやつもなるべく自然のものを取るようにし

干し柿や干し芋、団子やお好み焼きを作って食べたり、

市販のお菓子はあまりとらないように気を付けていました。

(大きくなり、1人で行動するようになると

親は制限できなくなるので幼児期限定でした)

 

水分補給は1年を通して常温のお茶か水。

 

私は、木綿の服や下着が好きなので

子どもたちにも木綿の物を着せることが多く、

裏起毛やナイロン素材の物は

着ることがありません。

基本的に薄着だと思います。

 

予防接種は、受けさせたことはありませんが、

16歳の息子は、中学2年生と高校1年生にインフルエンザになり、

13歳の娘はまだインフルエンザになったことは

ありません。

 

基本的に移動は徒歩か公共の乗り物だったので

普段からよく歩き、外でしっかり遊んでいたことが

もしかしたら体力作りになっていたのかもしれません。

 

これから寒さ厳しい季節になりますね。

皆さん、温かくしてお過ごしください。

 

感謝

 

 

子どもの頃の記憶、体の記憶

子育て・自分育て comments(0) - なないろーにじいろーこども

1番小さなころの記憶は、なんだろう?

と思いめぐらせることがあり、

子どもにも聞いてみることがあります。

「〇〇に行ったこと、覚えてる?」

「〇〇ちゃんと〇〇したこと、覚えている?」

昔の記憶はあいまいで

覚えていても実際とは少し違っていたり、

都合よく処理されていることも

たくさんあるように感じます。

 

先日書店に行った際にたまたま手に取った本、

パラパラとめくって購入せずに帰ってきましたが

その後、気になり図書館から借りて読んだ本があります。

「愛されたい」を拒絶される子どもたち

   虐待ケアへの挑戦 著者 椎名篤子

 

虐待に関するドキュメンタリーの本です。

いくつか虐待と虐待ケアについての事例が紹介されていました。

その中の1つの事例に

乳児の時に虐待を受け、保護されたお子さんのケアについて

紹介がありました。

 

読み終わった後に感じたことは、

乳児の時に受けたことは、

意識としての記憶としては残っていないけれど、

体のどこかにその記憶が残っているのではないだろうか?と。

それが文章としてあったわけではないのですが、

そのように感じました。

 

自分にも身に覚えがあります。

なぜかわからないけれど、苦手なもの。

どうしても生理的に受け付けないもの。

それとは逆に、理由はないけれどとても惹かれるもの。

意識には残っていないけれど

それは見えないところに、きちんと残っているように

思います。

 

赤ちゃん、もっとさかのぼって

この世に生を受けた時から

(もしかしたら、もっと前もあるかもしれませんが)

1つ1つの積み重ねで今がある、

そのように感じました。

 

まだ無力な子供時代を健やかに育つためには

子どもの成長に理解ある大人のサポートが欠かせないことを

感じます。

もっと意識して子どもの成長に関わる大人が増えるなら

今よりももっと明るい未来につながるように思いました。

 

子どものことを身近に感じる講座

「受胎準備から出産、子育てまでをサポート」を

開催しています。

詳細は、下記をご覧ください。

レムリアン・メロディーブログ

http://blog.lemurian-melody.noor.jp/?cid=32

ディヴァイン・イルミネーション スクールウェブサイト

https://divine-illumination.net/free/birth-youth

 

子どもが居心地の良い環境でありますように!!

 

感謝

 

 

 

子育ては文化〜世代から世代へ受け継がれてきたものを癒す〜

子育て・自分育て comments(0) - なないろーにじいろーこども

父との思い出の1つに

里帰り出産をした日々のやり取りがあります。

 

低出生体重児として生まれた第1子。

ぷくぷくとふくよかな赤ちゃんが健康的、

という考えのある父は、

赤ちゃんが泣くとすぐに

おなかがすいているのではないか?

ミルクを足して飲ませたらどうだ、

と何度も口にするのでした。

 

母乳で育てたいと思っていた私は、

父の言葉に反発し、

桶谷式マッサージに通い

子どもの成長をみながら

アドバイスを受け

完全母乳で育てました。

 

最近になり、父が

ミルクを足せと口を酸っぱくして

言っていたことに影響する

体験があったことを知りました。

 

それは父にとって初めての甥っ子の

早すぎる死でした。

栄養不足で1歳になることなく、

この世を旅立ったそうです。

母乳が足りていると思っていたものの、

実は2人目の子を妊娠していて

母乳が思うように出ていなかったそうです。

 

お世話になった桶谷式マッサージでお世話になった

助産師さんは、

「子育ては文化だから」と

お話してくださいました。

 

それぞれの家には、

あまり意識をしていなくても

根付いているものがあり、

子育てもそれに当たります。

何気ない日常の生活にも、

それがひっそりと存在しています。

 

自分にとって普通のことが、

意外と普通ではなかったり、

相手の普通と思っていることが、

自分にとっては驚きだったり、

そんな体験はありませんか?

 

自分流の子育てで、

何か引っかかりがあるときは、

自分の普通、家系の普通を

見直してみませんか?

解決の糸口がみつかるかもしれません。

 

家系のネガティブなパターンを取り除く

サポートとなるエッセンスもあります。

オーストラリア・ブッシュの

「ボアブ」です。

ボアブの詳細、ご購入は下記ウェブサイトをご覧ください。

レムリアン・メロディーウェブショップ

https://lemurian-melody.shop-pro.jp/?pid=51996973

 

一人ではなかなか気づくのが難しいときは、

第3者の視点が役に立つこともあります。

 

一人で背負わず、頑張りすぎず

日々過ごすことができますように!!

 

連絡先:

info*lemurian-melody.com

(メール送信の際には、*を@に変えて送信してください)

 

感謝をこめて

 

 

 

 

 

 

 

無料ブログ作成サービス JUGEM